インストラクター
塚原千尋

運動が苦手、体育の授業はあまり好きではなかった学生時代を過ごす
大学在学中、スポーツクラブに通い始め、エアロビクスと出会う。

就職活動中、様々な企業の面接に行く中で、エアロビクスのインストラクターを目指すことを決意。

大学卒業後、医療事務の仕事をしながらインストラクターの養成を受け、二足の草鞋でレッスンを受け持ち始める。

その後、怪我などで悩む方を見て、ピラティスをしてみようと決意。某団体のマットピラティスの養成を受ける。

その後、アドバンスの資格も取得し、ピラティスを行ううちに自分自身調子がいいことに気づくが、指導に限界を感じ、ピラティスアライアンスに通い始める。

そこで、ピラティスの専用器具、リフォーマーを初めて使用させてもらい、衝撃を受ける。そして、山梨でもこんな機械が使えたらと思い始め、peak pilatesの養成コースを受け始める。

都内へ泊まり込みで練習したり、日中は都内で練習、夜は山梨で仕事、または山梨で仕事をしてから都内へ練習に通うという日々が続き、自宅でも練習ができるようにリフォーマーを購入。

2011年10月、お家スタジオpilates studio green として自宅の一室でピラティス指導を本格的に始める。

peak pilates のレベルアップを重ねフル認定を取得。ピラティスの専用器具であるチェアやスパインコレクター、ラダーバレルなども導入する。

私生活では2013年結婚し2015年第一子、2019年に第二子を授かる。

妊娠中、産前産後のピラティスインストラクターの資格も取得し、自分の体で実践。

2016年にはスタジオをリニューアル。シルクサスペンションも導入。

最近ではストレッチーズの講習も受け、ピラティス指導に役立てている。

保有資格

  • peak pilates フル認定
  • 産前産後ピラティスインストラクター
  • 健康運動指導士
  • 介護予防運動指導員
  • シルクサスペンション
  • ストレッチーズ

など

指導歴

  • 自宅にてピラティスの個人指導
  • スポーツクラブでのグループ指導
  • 甲斐市 健康センターでの運動指導
  • 甲斐市社会福祉協議会 高齢者への指導
  • 南アルプス市健診後の運動指導
  • 南アルプス体育協会主催運動教室
  • 介護予防運動指導

など

私の思い

体の不調を感じたことはありますか?

私は何度かあります。

まずはエアロビクスのインストラクターとしてフリーで働き始めてから。

1日に何本もハードなレッスンをして、特に何もケアをしていなかった時です。

簡単に言うと「若かった」からどうにかなっていたのかもしれませんが体はボロボロでした。

そんな中でピラティスを始めましたが、その時はここまでのめり込むとは思っていませんでしたし、ピラティス=体幹トレーニングのようなものくらいにしか思っていませんでした。

そして子宮頸癌オペ後。手術をし、その後考えてもいなかった術後の体の変化。体力的には気づくような衰えはなく、術後3週間でエアロビクスの指導も復帰。

しかし、トイレが我慢できないなど、誰にも相談できないような衰えを感じていました。

山梨でピラティスができるところがあまりなく、できるとしてもマットピラティスのみでした。なので、ピラティスを学ぶためには都内に何度も足を運ぶことしか方法はありませんでした。

山梨の方にもっと手軽にピラティスを体験してもらえたらと思い、自宅にもピラティスのマシンを入れお家スタジオを始めました。

第一子出産時は、直前までピラティスのエクササイズを行っていたおかげか、周りの方から聞く産前の大変さはあまりなく、出産は思ったよりもスムーズに行うことができました。

それが産後、家事、育児、仕事に追われ、産前に比べピラティスを行う時間が減ってしまい、私自身腰痛や膝痛にも悩みました。

そして第二子の時には出産前から切迫早産で入院に。絶対安静が続く中での出産でした。

そんなに体にダメージがあるわけではないとは思いましたが、思うように動かない体と、2人の子を抱えての生活、そしてコロナの影響もあり、気持ちがボロボロに。

しかし、ピラティスと向き合う時間を多く持つように心がけてたことで、悩みも解消し、改めてピラティスの素晴らしさを感じています。