山梨県南アルプス市内でピラティスのプライベートレッスンをしています。

塚原千尋です。

とあるダイエット記事に

自分と理想の体を比べて全然効果が出ないとあきらめてしまうかた。

そもそも比べるところが違うのでは

比べるのは以前の自分と今の自分。写真に撮ってみるとこんなに変わったって思えたりする。

というような内容が書かれていました。

これを見たとき、真っ先にグループレッスンでたまに耳にする言葉を思い出しました。

「全然できるようにならない」「私だけできない」

プライベートレッスンでは個人に合わせた内容でチャレンジしますので、人と比べる事はありませんが、グループレッスンですとどうしても隣の方の動きが見えてしまい、周りの人と自分を比べてしまいがちです。

私が見ているかぎりでは、こんなに動けるようになってると思うのですが、なかなか自分で感じる事が出来ない方も少なくないのです。

長く続けていらっしゃる方が、こんな風におっしゃっていました。

まだまだだけど始めた頃には背骨がこんなに動かなかった

ハンドレットで頭を上げ続けることができなかったのに今はできる

始めた頃の自分と比較してモチベーションを上げていらっしゃいます。

一度始めた頃の自分を思い返してみるのもいいかもしれませんね。